半永久的に効果あり

美容外科クリニックで目の下のたるみを取る時に多くの人が利用している手術といわれているのが脱脂術と呼ばれるものです。この手術方法はほとんどの美容外科クリニックで導入しています。この手術は目の下の余分な脂肪を取り除くことによってたるみを改善しますが、たるみの元となっている脂肪自体をなくすので、半永久的にたるみを改善することが可能です。中でもまぶたの裏側から手術を行う方法であれば、傷口も見えないので、仕上がりも綺麗になります。美容外科クリニックによって、脱脂術の方法も違うのでホームページなどで確認してくとよいでしょう。脱脂術では、たるみを改善できると同時に、目の下のクマもなくすことができるので、若々しさを取り戻すことができます。

脱脂術の場合は、ダウンタイムが短いのも1つの特徴です。基本的に手術はその日のうちに終えることができるので仕事が休めないという忙しい人でも気軽に手術をすることができます。脂肪自体をなくすということもあり、脂肪を除去した部分だけへこんでしまう場合がありますが、その時にはへこみの部分だけ脂肪注入を行えば自然な仕上がりになります。クリニックによっては、脱脂術に加えて脂肪注入もセットにしているところもあります。まぶたの裏側から行う脱脂術の場合は、腫れが1週間から2週間続くという場合もありますが、基本的な日常生活には支障をきたすことが無いです。この脱脂術はたるみに対する効果が最も高い方法である為、早急にたるみを無くしたいという人はこの手術を受けてみると良いでしょう。