原因を知って改善

目の下のたるみの原因は人によって違いますが、中でも最も多いのは老化によるものと言われています。加齢が進むことによって、肌のターンオーバーも悪くなり、目の下の筋肉も衰えていきます。その為、頭皮や顔の筋肉も下がっていくので目の下にたるみが発生します。特に目の下は皮膚が薄いこともあり、たるみが現れやすいといえます。加えて体質も大きく影響している場合があります。目のまわりには脂肪がついていますが、特に目の下の涙袋が元々しっかりとある人は加齢に伴ってたるみやすいと言われています。最近では涙袋が可愛らしいといわれていますが、加齢が進むとたるみが発生しやすくなる可能性が高いといえます。こうした加齢によるたるみは美容外科の手術で改善することが可能となっています。

美容外科で改善することができない目の下のたるみは、原因が頬骨の歪みが原因の場合があります。頬骨が原因となっている場合は基本的に根本的に骨のズレを改善する必要があります。美容外科で一般的に行われている目の下のたるみ取り手術では骨のズレまで治療することができないので注意が必要です。加えて、たるみの原因が化粧品の油分が原因となっている人は、手術後も注意が必要です。化粧品が原因の場合は皮膚の細胞にクレンジングで落とせなかった油分がからみつき、その重さで下がっていきます。目の下のたるみには様々な原因がありますが、化粧品が原因となっている場合は手術後も日頃のケアから見直す必要があります。美容外科の手術をする場合は、まずはたるみの原因となっている部分を理解することが大切です。