切らない治療

美容外科で行われている治療の中でも人気の治療方法の1つにレーザー治療があります。レーザー治療の場合は、身体の負担が少ないということが人気の秘訣となっています。目の下に直接レーザーを照射して、コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促すことによって、徐々に目の下のたるみを改善していく方法です。基本的に目の下のたるみを取る手術では、脱脂術という手術が一般的となっていますが、身体のことを考えてレーザー治療にする人も増えてきています。レーザー治療に加えて、メスを入れない治療にはヒアルロン酸やボトックス注射があります。注射の場合に比べてもレーザー治療は効果が長く続くのが特徴です。ダウンタイムも短いので、治療の後はいつも通りの生活を送ることができます。

美容外科で行われている目の下のたるみ手術には、ヒアルロン酸やボトックス注射も一般的に行われています。注射の場合であれば、手術時間も短時間で済ませることができるうえ、即効性があるので手軽に行うことができるのが大きなメリットです。ヒアルロン酸の場合は元々体内で生成されている成分ということもあり、身体に影響を与えることがほとんどありません。加えて料金も5万円から10万円程度と手術の中では比較的安い価格になります。注射で治療を進める場合は、効果が1年程度と言われているので、永続的にたるみを改善したいのであれば毎年クリニックに通う必要があります。クリニックによって利用する注射の薬も違うので事前に確認が必要です。