痛車の仕組み

アニメキャラやゲームキャラが描かれた車を「痛車」と呼びますが、この痛車に描かれているキャラクター達は、ステッカー製作会社で作ってもらうこともできます。ガラス部分に使用できるステッカーもあるので、車全体を好きなキャラクターで覆うことも可能です。まずはこのステッカー制作について詳しく説明していきます。

痛車を傷から守る!ガラスコーティングやカーナビの役割について

男女

ステッカー製作依頼で大切なこと

ステッカーの制作を依頼する際は、好みのデザインに仕上がるように、自分の車に合わせてイメージを作っておきましょう。だいたいのイメージを作っておけば、制作業者との打ち合わせがスムーズに進みます。車にピッタリのデザインになるよう、色のイメージやキャラクターの配置を考えておきましょう。

ハンドルを握る人

カーナビ取付もオススメ

車内も快適にしたいなら、上質なカーナビを取り付けることもできますね。ドライブレコーダーやバックカメラといったオプションを取り付ければ、安心して運転することが可能なので、ステッカーでデザインを施した大切な愛車を守ることができます。

レディ

ガラスコーティングで傷を防ぐ

綺麗にステッカーを貼り終えたら、それで終わりではありません。ガラスコーティングを施すことをオススメします。ガラスコーティングを施すことにより、洗車の際についてしまう細かな傷までしっかりと防ぐことができます。何もコーティングが施されていない車体につくと落ちないような汚れでも、ガラスコーティングを施していれば綺麗に落とすことができるので、大事なキャラクターを綺麗に保つためにコーティングしておきましょう。大阪にも丈夫なコーティングを施してくれる専門店があります。

デザインのイメージを膨らまそう

痛車ステッカーを制作する業者には、キャラクター以外にもさまざまなデザインを依頼することができます。愛車のデザインを好みのものに仕上げ、綺麗な状態を長く保つ方法を紹介しましたがいかがでしたでしょうか。次は2つのタイプのステッカーを紹介するので、デザインを考える際の参考にしてみてください。

2種類のステッカーを比較

フルカラータイプ

参考画像のキャラクターカラーをそのままに、しっかりと色を表現することができます。そのキャラクターに合ったカラーもあると思うので、フルカラーを使用すればイメージするデザインに近づけることができるでしょう。

カッティングタイプ

カッティングタイプのステッカーを選べば、カラーと違うカッコ良さを演出することができます。切り絵のような仕上がりになるので、ブラックやネイビーの車体ならキャラクターがしっかりと強調されます。

[PR]
カーナビを付けませんか?
どんな道でも走れる♪